引越し荷造りのコツ

単身引越しの料金比較・費用相場で業者選びなら、引越し極限攻略

引越し業者へ一括見積もり依頼が1分で終わる!比べる!安い!納得!

デキる業者集合!無料で一括かんたん見積もり

- ※郵便番号をご入力下さい
大人人 子供

引越しの荷造りはしっかり手順を守らないと、引越し直前や引越してから開梱する際にとても苦労します。しかし、荷造りの際にちょっとした工夫加えることで、驚くほど早くスムーズに作業を進める事が出来ます。以下の鉄則を守って手際良く荷造りをしましょう。

鉄則1:奥から順に。

引越しの荷造りは一番奥の部屋から、または普段使用しない物から、というのが鉄則です。もし、玄関側から始めてしまうと梱包し終わった段ボールがとても邪魔になり作業効率が悪くなってしまいますので、絶対に奥からというルールを守って下さい。ただし、自分で梱包できない大きな家具や家電は引越業者が専用の資材を使って梱包するので、中身を取り出した後は当日までそのままでかまいません。また、段ボールを閉じるガムテープの色を部屋別に分けることによって、開梱の際とても簡単に見分けることができます。<\p>

鉄則2:箱の重さを考える。

荷造りをする際、いくら同じ部類の物だからといって一つの箱にまとめようとするのは危険です。軽い物は大きな箱に大量に詰めてかまいませんが、重い物を大きな箱に多く詰めると、引越し屋さんでも持ち上げる事ができず、箱に穴が開いて怪我にもつながってしまします。ちょうど良い大きさの段ボールがなく、隙間が空いてしまう場合は、新聞紙などを丸めて詰めるようにしましょう。そうする事で、運搬時に揺れた時の破損を防いだり、荷物を積み重ねた時に箱が潰れてしまう事を防ぎます。

鉄則3:不用品は思い切って捨てる。

引越しの荷造りで一番時間をかけてしまいがちなのが“要る物““要らない物“の判断です。全く使っていないのに、いつか使うだろうと思いなかなか処分できない人は多いと思いますが、荷物の量を減らすことが出来れば、梱包、開梱ともにとても楽になるし、新居もスッキリします。不用品は強い意志を持って捨てましょう。不要品の処分は引越し業者でも受付ていますが、リサイクルショップやネットオークションを使って多少のお金にするのも一つの手です。

  • 会社概要
  • プライバシーポリシー
  • ご利用規約
  • よくあるご質問
  • お問い合わせフォーム
株式会社CMWalkerロゴマーク
株式会社CMWalker

powered by ズバット引越し比較 (c)単身引越の費用や料金相場、業者選びの情報満載|引越し極限攻略 本サイト内の文章・画像の無断転載を禁じます。本サイト内の文章・画像の無断転載を禁じます。